クレンジング口コミガイドTOP > クレンジングの実践 > クレンジングは正しい方法を理解することが大切

クレンジングは正しい方法を理解することが大切について

 

クレンジングは、ただメイク落としで洗顔すればそれでOKというわけではありません。

 

オイルタイプ、ジェルタイプ、クリームタイプなど、タイプごとに異なる特性を把握し、さらにメイクの仕方によってもキレイにメイクが落ちるクレンジングの方法が違ってくることも知っておかなければなりません。

 

UVカット効果のあるコスメのクレンジングの方法は、日焼け止めのタイプやSPF値などで異なります。

 

化粧下地も兼ねるものや、乳液タイプのものは比較的簡単に落とせますが、ウォータープルーフタイプの日焼け止めはUVカット効果が高いほど落ちにくいため、専用のクレンジングを用意するなどした方が良いでしょう。

 

子供でも使用でき、石鹸で簡単に落ちるとされている日焼け止めも、フェイスパウダーを重ねた場合にはクレンジングが必要になることもあります。

 

一般的なメイククレンジングの方法は、ナチュラルメイクならメイクも落とせるタイプの洗顔料でも充分でしょう。

 

ただし、その場合も丁寧にクレンジングすることが大切です。

 

冷たい水は毛穴を閉じて汚れが落とせず、熱いお湯も皮脂の分泌を促すため、すすぎなどではぬるま湯が最適です。

 

クレンジング剤は、顔にのせる前に手のひらで指の腹を使って温めるとメイクとなじみやすくなります。

 

そして、ゴシゴシとこすらないように手のひら全体で大きく内側から外側へとマッサージするようにメイクとなじませ、Tゾーンなど皮脂が溜まりやすい箇所は念入りにクレンジングします。

 

最後のすすぎは、クレンジングが肌に残らないようにしっかりと行うことが大切です。

 

すすぎ残しはニキビなどのトラブルを引き起こします。

 

クレンジングの実践記事一覧

毛穴クレンジングの大切さとコツについて

年齢を重ねるにつれて気になる毛穴の開きは、加齢とともに肌がたるむことにより、毛穴もそれに伴って引っ張られる形で開いてくることが原因です。毛穴が目立つ肌はザラついて見え、デコ...

クレンジングは正しい方法を理解することが大切

クレンジングは、ただメイク落としで洗顔すればそれでOKというわけではありません。オイルタイプ、ジェルタイプ、クリームタイプなど、タイプごとに異なる特性を把握し、さらにメイク...

手作りクレンジングにチャレンジしてみましょう

肌に負担をかけない天然成分を素材にした無添加クレンジングはさまざまにありますが、最も安心できるのは手作りのクレンジングを使うことです。手作りクレンジングはさほどコストもかか...

無添加クレンジングについて

人の身体に使うものは無添加であることが一番です。無添加とは、保存料や鉱物油、防腐剤、香料などの化学的な成分を配合せず、天然由来の成分のみを原料として作られたものを指します。...

まつげエクステのクレンジングについて

まつげエクステをしたら、少しでも長くキレイな状態をキープしたいものですね。そのためにはいくつかの注意点を守ることが大切です。まず、洗顔は施術前と同じ要領でOKですが...

ディープクレンジングについて

ディープクレンジングとは通常のクレンジングではなく、毛穴も含めた肌全体の汚れをキレイに取るクレンジングを指します。普段のお手入れでは、きちんとしているつもりでも落としきれて...