クレンジング口コミガイドTOP > クレンジングの実践 > 手作りクレンジングにチャレンジしてみましょう

手作りクレンジングにチャレンジしてみましょうについて

 

肌に負担をかけない天然成分を素材にした無添加クレンジングはさまざまにありますが、最も安心できるのは手作りのクレンジングを使うことです。

 

手作りクレンジングはさほどコストもかからず、必要な材料は手作りコスメの材料やアロマテラピーグッズを販売しているショップで手に入ります。

 

最寄りにお店がなければネット通販でも購入できますので、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

疲れが溜まって肌の状態も下降気味な時には、ハーブを使ったクレンジングパウダーがオススメです。

 

オートミール(大さじ2杯)、ドライハーブラベンダー、ドライハーブローズ(各小さじ1杯)、カオリンクレイ(大さじ1杯)を適当な大きさのボールに入れ、混ぜ合わせたらできあがりです(分量は3〜4回分)。

 

ハーブにはリラックス効果、クレイには汚れを吸着する働きオートミールには肌に栄養を与える働きがあります。

 

さっぱり感のあるクリームクレンジングがお好みの方は、レモンなどの精油を使った手作りクレンジングを作ってみましょう。

 

耐熱容器にグレープシードオイル(大さじ5杯)と植物性の乳化ワックス(大さじ1杯)を入れて湯せんにかけ、ワックスが溶けるまでよく混ぜます。

 

精製水(大さじ2杯)は、別の容器で60〜70度くらいに温めます。

 

ワックスが溶けたら温めておいた精製水を加え、クリーム状に乳化し、泡立て器を持ち上げた時にゆっくりと落ちる程度までよく混ぜ合わせます。

 

最後に柑橘系の精油(3滴)を加え、もう一度よく混ぜ合わせたらできあがりです。

 

ハーブエクストラクトやシトラスシードエクストラクトなどの天然防腐剤を使う場合は、精油を加えて混ぜ合わせた後に2滴ほど加えます。

 

密封容器に入れて冷蔵庫で保管し、2週間程度で使いきりましょう。

 

クレンジングの実践記事一覧

毛穴クレンジングの大切さとコツについて

年齢を重ねるにつれて気になる毛穴の開きは、加齢とともに肌がたるむことにより、毛穴もそれに伴って引っ張られる形で開いてくることが原因です。毛穴が目立つ肌はザラついて見え、デコ...

クレンジングは正しい方法を理解することが大切

クレンジングは、ただメイク落としで洗顔すればそれでOKというわけではありません。オイルタイプ、ジェルタイプ、クリームタイプなど、タイプごとに異なる特性を把握し、さらにメイク...

手作りクレンジングにチャレンジしてみましょう

肌に負担をかけない天然成分を素材にした無添加クレンジングはさまざまにありますが、最も安心できるのは手作りのクレンジングを使うことです。手作りクレンジングはさほどコストもかか...

無添加クレンジングについて

人の身体に使うものは無添加であることが一番です。無添加とは、保存料や鉱物油、防腐剤、香料などの化学的な成分を配合せず、天然由来の成分のみを原料として作られたものを指します。...

まつげエクステのクレンジングについて

まつげエクステをしたら、少しでも長くキレイな状態をキープしたいものですね。そのためにはいくつかの注意点を守ることが大切です。まず、洗顔は施術前と同じ要領でOKですが...

ディープクレンジングについて

ディープクレンジングとは通常のクレンジングではなく、毛穴も含めた肌全体の汚れをキレイに取るクレンジングを指します。普段のお手入れでは、きちんとしているつもりでも落としきれて...